Camera ISLAND - 最新情報を見る - 新着情報 - 近日発売予定 - マイリンク - おすすめ検索 - RSS/ATOM情報 - Digital Camera Database - Link/検索窓

ホーム >
検索結果(検索ワード:富士フイルム / 検索条件:and)

  [More] [New Window]
[サイトマップ] [ヘルプ] [修正・削除]

[現在の表示: 登録日の新しい順]
※リンク先が無くなっている等の問題がある場合にはタイトル横の [管理者に通知] リンクを押してください
検索にかかった時間:0.090秒

  1 - 20 ( 323 件中 )  [ / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次ページ→ ]
更新日:2007/11/04(Sun) 21:23
【レビュー】富士フイルム FinePix F50fd 実写インプレッション
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【マイコミジャーナル】
富士フイルムのデジタルカメラとしては初めて、CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載する「FinePix F50fd」のレビュー記事です。
[レビュー記事:デジタルカメラ]

更新日:2007/11/04(Sun) 21:04
富士フイルム、デジタルカメラ「FinePix S8000fd」用ファームウェア Ver.1.01 を公開
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、デジタルカメラ「FinePix S8000fd」用の最新ファームウェア Ver.1.01 を公開しました。

xDピクチャーカードか SDメモリーカードを利用して、ファームウェアの更新が可能。

今回公開された最新ファームウェアの主な修正点は、次の通りです。
  • 4GB以上のメモリーカード使用時に、Windows Vista搭載 PC からのデータ書き戻しをできるように修正
  • 感度 AUTO を選択し低輝度で連写撮影した際に、露出がアンダーになる問題を修正
  • 感度 AUTO を選択し低輝度で連写撮影した際に、ExifのタグにISO640と表記されるところがISO64と表記される問題を修正
[アップデート情報:デジタルカメラ] [メーカー別情報:Fujifilm:アップデート情報]

更新日:2007/10/22(Mon) 20:49
富士フイルム、「ウェブ写真美術館&ショップ」など3点がグッドデザイン賞を受賞
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、財団法人日本産業デザイン振興会が主催す「2007年度グッドデザイン賞」で、「ウェブ写真美術館&ショップ」など3点がグッドデザイン賞を受賞したと発表しました。

受賞したのは、新領域デザイン部門の「ウェブ写真美術館&ショップ」、商品デザイン部門のデジタルカメラ FinePix Z100fd と FinePix BIGJOB HD-3W。

ウェブ写真美術館&ショップ」は、著名な写真家の作品を始めとした国内の写真作品を鑑賞したり、気に入った作品を銀写真プリントにして購入することができる総合写真芸術サイトとして、3月にオープン。

富士フイルムは、その新しい写真文化を創造する取り組みと、著名な写真家の作品を気軽に鑑賞・購入できるよう配慮したインターフェースデザインが評価されたと考えているとしています。

   

また、FinePix Z100fd は、斜めに可動するレンズカバーと 2トーンカラーのフルフラットボディのスタイリッシュなボディを採用し、ロータリーダイアルなど操作性も良いこと。

FinePix BIGJOB HD-3W については、堅牢性を強調したデザインを採用し、手袋をしたままでも操作性が良いこと。

両機種とも、デザインと操作性の両面で高く評価されての受賞と考えるとしています。
[製品情報:その他] [メーカー別情報:Fujifilm:その他]

更新日:2007/10/22(Mon) 19:37
FinePix F50fdレビュー
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【All About】
富士フイルムのデジタルカメラとしては初めて、CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載する「FinePix F50fd」のレビュー記事です。
[レビュー記事:デジタルカメラ]

更新日:2007/10/22(Mon) 18:36
【週刊アスキー連動】WAM Photo実写速報第16回 富士フイルム「FinePix F50fd」
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【ASCII.jp】
富士フイルムのデジタルカメラとしては初めて、CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載する「FinePix F50fd」の実写速報です。
[レビュー記事:デジタルカメラ]

更新日:2007/09/24(Mon) 15:18
富士フイルム、デジタルカメラの事業基盤強化ため生産体制の見直しと拠点集約を推進
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、競争が激化するデジタルカメラ市場に対応し、事業基盤を強化するため、生産体制の見直しと拠点集約を進めることを決定したと発表しました。

具体的には、デジタルカメラ生産については、全面的に中国工場(蘇州市)へ移管し、これまで国内でデジタルカメラ生産を行ってきた富士フイルムフォトニックス株式会社(宮城県黒川郡大和町)を2008年8月に解散。

また、CCD前工程(ウエハー工程)を東芝に生産委託することで基本合意に達しており、このデジタルカメラ生産の中国工場への全面移管と外部委託により、コスト競争力の強化を図るとしています。

なお、これまでCCD前工程を行っていた宮城県仙台市泉区の土地・建物は、株式会社 村田製作所に売却する予定で、基本合意に達しているとのことです。

一方、デジタルカメラの製品開発・調達・品質保証機能については、宮城県黒川郡大和町の拠点に集約することで、機能強化と効率化を推進し、開発のスピードアップを図る。

また、この宮城県黒川郡大和町地区には、デジタルカメラのアフターサービスの統括機能集約・生産技術強化・CCD後工程生産(アッセンブリー&テスト)などの役割を担う新会社 富士フイルムデジタルテクノ株式会社)が新設される予定です。
[その他:写真業界動向] [メーカー別情報:Fujifilm:その他]

更新日:2007/09/24(Mon) 15:06
【伊達淳一のデジタルでいこう!】富士フイルム「FinePix F50fd」(試作機)
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【デジカメWatch】
富士フイルムのデジタルカメラとしては初めて、CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載する「FinePix F50fd」(試作機) のレビュー記事です。
[レビュー記事:デジタルカメラ]

更新日:2007/09/14(Fri) 10:41
富士フイルム、手ブレ補正機構搭載デジタルカメラ「FinePix F50fd」のブラックを9月29日に発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、当初2007年9月下旬発売予定と発表していたデジタルカメラ「FinePix F50fd」のブラックを9月29日に発売します。価格は、オープンプライスです。

なお、「FinePix F50fd」のボディカラーは、ブラックの他にシルバーが用意されていますが、シルバーは8月31日に発売済です。

有効画素数 1,200万画素の 1/1.6型 スーパーCCDハニカムHRと 35mm換算 35〜105mm F2.8〜5.1 の光学3倍ズームレンズを搭載するモデルで、同社のデジタルカメラとしては初めて、CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載し、約 2〜3EVの補正効果を実現。

顔検出機能「顔キレイナビ」はさらに進化し、左右90度に向いた横顔や斜め顔にも対応し、最大10人まで一度に検出。同社の実測値で、世界最速となる 0.05秒で検出が可能。

検出された顔に合わせて、ピント、露出、ホワイトバランスが最適に設定される他、ストロボ撮影時には同社独自の画像処理技術「Image Intelligence」による高精度な赤目補正を実現しています。

フル画素での最高感度は ISO1600で、画像処理エンジン「リアルフォトエンジンII」により、ノイズの少ない高画質を実現。また、マニュアルモードと A/Sモードでは、600万画素相当で ISO3200、300万画素相当で ISO6400 の超高感度撮影が可能。

最短撮影距離は、広角端で約 45cm、望遠端で約 60cm。マクロモード時には広角端で約 7cm、望遠端で約 30cmまでの近接撮影に対応。

液晶モニターは、2.7型約23万画素。この液晶モニター上に、一度に 100コマの画像を一覧表示できる「マイクロサムネイル」機能を搭載しています。

フル画素での連続撮影は約 0.5秒間隔で連続 3コマまで。300万画素で 5コマ/秒・最大 12コマの高速連写や、メディアの容量一杯まで連続撮影が可能なエンドレス連写も可能。

また、「FinePix F31fd」と同様に、撮影シーンの状況に応じて、最適な発光量と感度に自動調整して白とびを防ぐ「iフラッシュ」や一度シャッターを押すだけでノンフラッシュとiフラッシュ撮影の2枚を連続して撮影する「高感度2枚撮り」などの機能を搭載。高速赤外線通信機能(IrSimple)にも対応しています。

記録媒体は、約 25MBの内蔵メモリーを搭載する他、SDHC/SDメモリーカードとxDピクチャーカードに対応。電源は、リチウムイオン充電池「NP-50」を使用し、約230枚の撮影が可能。サイズは、幅 92.5×高さ 59.2×奥行き 22.9mmで、重量は約 155g。

また、当初9月下旬発売と発表されていた防水プロテクター「WP-FXF50」(価格 21,000円)も、同時に9月29日に発売されます。
[製品情報:デジタルカメラ] [メーカー別情報:Fujifilm:デジタルカメラ]

更新日:2007/09/14(Fri) 10:00
富士フイルム、手ブレ補正機構を搭載するデジタルカメラ「FinePix Z100fd」を9月29日に発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、当初2007年9月下旬発売と発表していたデジタルカメラ「FinePix Z100fd」を2007年9月29日に発売します。価格は、オープンプライスです。

有効画素数 800万画素の 1/2.5型 CCDと 35mm換算 36mm〜180mm相当 F3.8〜4.8 の光学5倍ズームレンズを搭載し、手ブレ補正機構を内蔵。

サイズは、幅 92.0×高さ 55.7×奥行き 19.8mm、重量は約 138g。手ブレ補正機構を搭載する光学5倍ズームレンズ機としては、世界最小・最薄を実現しています。

最大 10人までを一度に検出する顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載し、検出された顔に最適なピントと露出で撮影することができます。

また、フラッシュ撮影時に検出した顔の位置を認識し、最適な発光量で撮影することができ、赤目も自動的に補正。

液晶モニターは、2.7型約23万画素で、この液晶モニターを利用して、一度に 100枚の画像を一覧表示できる「マイクロサムネイル」を搭載。

この他、撮影シーン別に複数のフォルダに画像を保存することが可能な「フォルダ分け機能」、簡単に操作音やシャッター音を一括して消すことができる「マナーモード」、撮影時に4枚までの画像を組み合わせて1枚の画像として記録可能な「オークションモード」などの機能を搭載し、高速赤外線通信機能(IrSimple)にも対応。最高感度は、ISO1600です。

フラットなスクエアフォルムを意識したデザインを採用し、ボディ表面には深みのある重厚なUV塗装処理が施され、またレンズカバーは斜めに可動。カラーバリエーションは、ピンク、シルバー、ブラウン、ホワイト&ブラックの4色が用意されています。

記録媒体は、約 54MBの内蔵メモリーを搭載する他、SD/SDHCメモリーカードとxDピクチャーカードに対応。電源は、リチウムイオン充電池「NP-45」を使用し、約 150枚の撮影が可能。サイズは、幅 92.0×高さ 55.7×奥行き 19.8mmで、重量は約 138g。

また、当初10月中旬発売と発表されていた防水プロテクター「WP-FXZ100」(価格 21,000円)の発売日が10月20日に決まりました。

[製品情報:デジタルカメラ] [メーカー別情報:Fujifilm:デジタルカメラ]

更新日:2007/09/14(Fri) 09:58
富士フイルム、写真の楽しみを提供する写真総合インターネットサイト「Fotonoma」を本格オープン
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、2007年9月13日、さまざまな写真の楽しみを提供する写真総合インターネットサイト「Fotonoma」を本格オープンしました。

「Fotonoma」は、写真やデジタルカメラに関する情報やサービスを、コミュニケーションサービスと連動させて、提供する写真総合サイトです。

これまで製品ラインアップ毎に、いくつかのサイトに分けて提供されていた情報やサービスを統合・再構築し、既存サイトの会員を引き継ぐことで、会員数約100万人規模のサイトとしてスタート。

これまで提供されていた情報やサービスに加えて、参加型のフォトコミュニケーションサービス「シェアリングコミュニティ」を新たに開始。

この「シェアリングコミュニティ」では、無料で 1GBまでの写真を保存することができ、写真の共有や写真を元にした情報交換ができる「パーク」、友人や家族など限定されたメンバーのみで写真の共有などができる「ラウンジ」、Web上で写真を額縁に入れて写真展として公開できる「ギャラリー」、写真と一緒に日記を書いて公開できる「ダイアリー」という4種類のサービスを提供。

「シェアリングコミュニティ」に保存した写真は、ショッピングサイト「Fujifilm Mall」を通じて、写真プリントの他、Tシャツやシャッフルプリントなどの注文が可能。シャッフルプリントは、複数の写真をシャッフルしてランダムに配置し、1枚のプリントにするサービスです。

なお、「シェアリングコミュニティ」と「Fujifilm Mall」を利用するには、それぞれ会員登録が必要となります。

また、写真の撮り方、用語解説、撮影スポット紹介など、これまで提供されていた情報コンテンツもより充実して提供。

さらに、今夏全国7都市で開催されていた「“PHOTO IS”10,000人の写真展2007」を Web上で公開するなど、実際の展示会と Web上の展示会を連動させて、新たな展開も進めていくとしています。
[便利なサービス:その他] [メーカー別情報:Fujifilm:その他]

更新日:2007/09/09(Sun) 18:26
富士フイルムと三菱製紙、写真事業での協力関係を構築することで基本合意
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム、三菱製紙】
富士フイルムと三菱製紙は、写真印画紙を中心とした写真事業における協力関係を構築することで基本合意したと発表しました。

今回の基本合意は、両社の写真事業の強化と国際競争力強化を図ることを目的に締結されたもので、具体的には、写真印画紙のグローバルな生産に関して協力関係を構築し 生産性の向上と競争力強化を図り、富士フイルムは、写真印画紙の生産に必要な原紙の一部について三菱製紙から供給を受ける。

これと併せて、三菱製紙は、富士フイルムに原紙製造関連設備の整備、環境対応など約40億円の投資を行い、そのために、富士フイルムを割当先として約20億円の第三者割当増資を行うとしています。

また、今後は、さらに両社のイメージング部門にとどまらず広範な協力関係を積極的に構築し、個別事業の強化と国際競争力強化を図っていくとのことです。
[その他:写真業界動向] [メーカー別情報:Fujifilm:その他]

更新日:2007/09/09(Sun) 16:15
富士フイルム、27mmからの18倍ズームレンズを搭載する「FinePix S8000fd」を9月8日に発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、当初2007年9月下旬発売予定と発表していたデジタルカメラ「FinePix S8000fd」を9月8日に発売します。価格は、オープンプライスです。

有効画素数 800万画素の 1/2.5型 CCDと 35mm換算 27〜486mm F2.8〜4.5 の光学18倍ズームレンズを搭載し、デジタルズームを利用して、最大 91.8倍までズームも可能。なお、デジタルズームを利用した場合は、記録画素数は維持されますが、解像度は 640×480万画素相当になります。

新開発の CCDシフト式手ブレ補正機構を搭載し、約2〜3EVの補正効果を実現。フル画素での最高感度は ISO1600で。マニュアルモードと A/Sモードでは、400万画素で ISO 3200/6400 の超高感度撮影も可能。

顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載し、最大 10人までを一度に検出し、ツーショットなど人物が中央に位置していない場合の撮影やガラス越しの撮影時などでもピンボケを防止。また、フラッシュ撮影時に検出した顔の位置を認識し、最適な発光量で撮影することができ、赤目も自動的に補正。

なお、同時に発表された「FinePix F50fd」と異なり、横顔や斜め顔には対応していません。

露出モードでは、プログラムAE、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル露出を利用可能。フル画素では、0.8秒間隔で 3コマまでの連続撮影に対応する他、400万画素で 7コマ/秒・連続15コマまで、200万画素で 15コマ/秒・連続15コマまでの高速連写モードを搭載。記録媒体の容量一杯まで連続撮影が可能なエンドレス連写モードも利用可能。

液晶モニターは 2.5型約23万画素で、晴天下などで反射を防ぎ見やすさを向上させる特殊コーティングを採用。また、表示レート60fpsの電子ビューファインダー(0.24型約23万画素)を搭載しています。

この他、一度に100枚の画像を一覧表示可能な「マイクロサムネイル」、30fpsで電子手ブレ補正機能付きの動画撮影機能などを搭載。

記録媒体は、約 58MBの内蔵メモリーを搭載する他、SDHC/SDメモリーカードとxDピクチャーカードに対応。電源は、単3形電池4本を使用し、アルカリ乾電池で約 350枚、ニッケル水素充電池で約 500枚の撮影が可能。サイズは、幅 111.3×高さ 78.×奥行き 79.3mmで、重量は約 410gです。
[製品情報:デジタルカメラ] [メーカー別情報:Fujifilm:デジタルカメラ]

更新日:2007/09/09(Sun) 16:13
富士フイルム、手ブレ補正機構搭載デジタルカメラ「FinePix F50fd」のシルバーを8月31日に発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、当初2007年8月下旬発売予定と発表していたデジタルカメラ「FinePix F50fd」のシルバーを8月31日に発売します。価格は、オープンプライスです。

なお、「FinePix F50fd」のボディカラーは、シルバーの他にブラックが用意されていますが、ブラックは当初の発表通り9月下旬に発売予定。

有効画素数 1,200万画素の 1/1.6型 スーパーCCDハニカムHRと 35mm換算 35〜105mm F2.8〜5.1 の光学3倍ズームレンズを搭載するモデルで、同社のデジタルカメラとしては初めて、CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載し、約 2〜3EVの補正効果を実現。

顔検出機能「顔キレイナビ」はさらに進化し、左右90度に向いた横顔や斜め顔にも対応し、最大10人まで一度に検出。同社の実測値で、世界最速となる 0.05秒で検出が可能。

検出された顔に合わせて、ピント、露出、ホワイトバランスが最適に設定される他、ストロボ撮影時には同社独自の画像処理技術「Image Intelligence」による高精度な赤目補正を実現しています。

フル画素での最高感度は ISO1600で、画像処理エンジン「リアルフォトエンジンII」により、ノイズの少ない高画質を実現。また、マニュアルモードと A/Sモードでは、600万画素相当で ISO3200、300万画素相当で ISO6400 の超高感度撮影が可能。

最短撮影距離は、広角端で約 45cm、望遠端で約 60cm。マクロモード時には広角端で約 7cm、望遠端で約 30cmまでの近接撮影に対応。

液晶モニターは、2.7型約23万画素。この液晶モニター上に、一度に 100コマの画像を一覧表示できる「マイクロサムネイル」機能を搭載しています。

フル画素での連続撮影は約 0.5秒間隔で連続 3コマまで。300万画素で 5コマ/秒・最大 12コマの高速連写や、メディアの容量一杯まで連続撮影が可能なエンドレス連写も可能。

また、「FinePix F31fd」と同様に、撮影シーンの状況に応じて、最適な発光量と感度に自動調整して白とびを防ぐ「iフラッシュ」や一度シャッターを押すだけでノンフラッシュとiフラッシュ撮影の2枚を連続して撮影する「高感度2枚撮り」などの機能を搭載。高速赤外線通信機能(IrSimple)にも対応しています。

記録媒体は、約 25MBの内蔵メモリーを搭載する他、SDHC/SDメモリーカードとxDピクチャーカードに対応。電源は、リチウムイオン充電池「NP-50」を使用し、約230枚の撮影が可能。サイズは、幅 92.5×高さ 59.2×奥行き 22.9mmで、重量は約 155g。

また、別売のオプションとして、水深 40cmまでの撮影に対応する防水プロテクター「WP-FXF50」(価格 21,000円)が9月下旬に発売される予定です。
[製品情報:デジタルカメラ] [メーカー別情報:Fujifilm:デジタルカメラ]

更新日:2007/09/09(Sun) 15:57
EISA、「EISA Awards 2007-2008」の受賞製品を正式発表
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【EISA】
「EISA」(European Imaging and Sound Association)は、カメラ・映像・オーディオ関連製品の年間最優秀製品を年1回選定する「EISA Awards 2007-2008」の受賞製品を正式に発表しました。

写真関連での受賞製品は次の通りで、国内製のデジタルカメラでは、富士フイルム FinePix S5 Pro、キヤノン PowerShot G7、ペンタックス K10D、松下電器 Lumix DMC-TZ3、オリンパス E-510、キヤノン EOS-1D Mark IIIが受賞しています。

「EISA」は、欧州のカメラ・映像・オーディオ関連専門誌で構成される団体で、毎年この1年間に欧州で発売されたカメラ・映像・オーディオ関連製品のうち、カテゴリー毎に最も優れた製品を選出しています。
[製品情報:その他]

更新日:2007/09/09(Sun) 15:55
富士フイルム、「FinePix S5 Pro」が EISA ヨーロピアン アドバンスド カメラ オブザイヤーを受賞
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムのデジタル一眼レフカメラ「FinePix S5 Pro」が、「EISA ヨーロピアン アドバンスド カメラ オブザイヤー 2007-2008」を受賞しました。

「スーパーCCDハニカムSR Pro」を搭載し、広いダイナミックレンジによる豊かな階調表現と低ノイズの両立を実現した他、優れたボディー性能が高く評価されての受賞です。
[製品情報:デジタルカメラ] [メーカー別情報:Fujifilm:デジタルカメラ]

更新日:2007/09/09(Sun) 15:07
ケンコー、アングルファインダー「KF-001」を8月24日に発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【ケンコー】
ケンコーは、アングルファインダー「KF-001」の発売日を2007年8月24日に決定しました。価格は、オープンプライスです。

「KF-001」は、一眼レフのファインダー部に取り付け、光路を 90度曲げることができるアングルファインダーです。

接眼部は 360度回転可能で、12か所のクリックを装備。また、倍率は 1倍と画面中心部を拡大する 2.5倍の2種類を切り替えることができます。

5種類のアイピースアダプターが付属し、ケンコーの KFシリーズの他、キヤノン、ニコン、富士フイルム、ペンタックスの主要機種に対応しています。
[製品情報:その他周辺機器] [メーカー別情報:その他:周辺機器]

更新日:2007/09/09(Sun) 14:39
富士フイルム、カラーネガフィルムの新ラインナップ「SUPERIA X-TRA400」と「FUJICOLOR100」を発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、35mm判の 135カラーネガフィルムの新ラインナップとして、「SUPERIA X-TRA400」と「FUJICOLOR100」を2007年10月初旬に発売します。

2006年10月から世界各国で発売されている「SUPERIA X-TRA400」と「FUJICOLOR100」を国内向けに発売されるもので、価格はいずれもオープンプライスです。

ISO400 の「SUPERIA X-TRA400」は、新スーパーユニフォームファイングレイン技術し、感光効率を高めることで、高感度でありながら優れた粒状性を実現。また、白飛びの少ない滑らかな階調と自然な色再現が可能で、肌色再現に適しています。

有効期限は、従来の「SUPERIA400FT」に比べて3か月延長。24枚撮りと36枚撮りのラインアップで発売されます。

「FUJICOLOR100」は、優れた粒状性と肌色再現が特長で、主に屋外での撮影に適したフィルムで、有効期限を従来の「SUPERIA100」に比べて9か月延長。

12枚撮り、24枚撮り、36枚撮りが用意されています。
[製品情報:その他周辺機器] [メーカー別情報:Fujifilm:周辺機器]

更新日:2007/09/09(Sun) 14:27
富士フイルム、手ブレ補正機構を搭載するデジタルカメラ「FinePix Z100fd」を発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、手ブレ補正機構を搭載するデジタルカメラ「FinePix Z100fd」を2007年9月下旬に発売します。価格は、オープンプライスです。

有効画素数 800万画素の 1/2.5型 CCDと 35mm換算 36mm〜180mm相当 F3.8〜4.8 の光学5倍ズームレンズを搭載。

サイズは、幅 92.0×高さ 55.7×奥行き 19.8mm、重量は約 138g。手ブレ補正機構を搭載する光学5倍ズームレンズ機としては、世界最小・最薄を実現。

最短撮影距離は、広角端で約 60cm、望遠端で約 1.0m。マクロモードでは、広角端で約 9cm、望遠端で 30cmまでの近接撮影に対応。

最大 10人までを一度に検出する顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載し、検出された顔に最適なピントと露出で撮影することができます。なお、同時に発表された「FinePix F50fd」と異なり、横顔や斜め顔には対応していません。

また、フラッシュ撮影時に検出した顔の位置を認識し、最適な発光量で撮影することができ、赤目も自動的に補正。

液晶モニターは、2.7型約23万画素で、この液晶モニターを利用して、一度に 100枚の画像を一覧表示できる「マイクロサムネイル」を搭載。

この他、撮影シーン別に複数のフォルダに画像を保存することが可能な「フォルダ分け機能」、簡単に操作音やシャッター音を一括して消すことができる「マナーモード」、撮影時に4枚までの画像を組み合わせて1枚の画像として記録可能な「オークションモード」などの機能を搭載し、高速赤外線通信機能(IrSimple)にも対応。最高感度は、ISO1600です。

フラットなスクエアフォルムを意識したデザインを採用し、ボディ表面には深みのある重厚なUV塗装処理が施され、またレンズカバーは斜めに可動。カラーバリエーションは、ピンク、シルバー、ブラウン、ホワイト&ブラックの4色が用意されています。

記録媒体は、約 54MBの内蔵メモリーを搭載する他、SD/SDHCメモリーカードとxDピクチャーカードに対応。電源は、リチウムイオン充電池「NP-45」を使用し、約 150枚の撮影が可能。サイズは、幅 92.0×高さ 55.7×奥行き 19.8mmで、重量は約 138g。

また、別売のオプションとして、専用ソフトケース「SC-FXZ100」が9月下旬に発売される他、10月中旬発売予定の水深40mでの撮影に対応する防水プロテクター「WP-FXZ100」(価格 21,000円)などが用意されています。

[製品情報:デジタルカメラ] [メーカー別情報:Fujifilm:デジタルカメラ]

更新日:2007/09/09(Sun) 14:18
富士フイルム、27mmからの 18倍ズームレンズを搭載するデジタルカメラ「FinePix S8000fd」を発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、35mm換算 27mmからの光学 18倍ズームレンズを搭載するデジタルカメラ「FinePix S8000fd」を2007年9月上旬に発売します。価格は、オープンプライスです。

有効画素数 800万画素の 1/2.5型 CCDと 35mm換算 27〜486mm F2.8〜4.5 の光学18倍ズームレンズを搭載しています。

最短撮影距離は、広角端で約 70cm、望遠端で約 1.5m。マクロモード時には、広角端で約10cm、望遠端で約 1.2mまで近接撮影が可能。最短撮影距離約 1cmのスーパーマクロも搭載。

デジタルズームを利用して、最大 91.8倍までズームも可能。なお、デジタルズームを利用した場合は、記録画素数は維持されますが、解像度は 640×480万画素相当になります。

新開発の CCDシフト式手ブレ補正機構を搭載し、約2〜3EVの補正効果を実現。フル画素での最高感度は ISO1600。マニュアルモードと A/Sモードでは、400万画素で ISO 3200/6400 の超高感度撮影も可能。

顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載し、最大 10人までを一度に検出し、ツーショットなど人物が中央に位置していない場合の撮影やガラス越しの撮影時などでもピンボケを防止。また、フラッシュ撮影時に検出した顔の位置を認識し、最適な発光量で撮影することができ、赤目も自動的に補正。

なお、同時に発表された「FinePix F50fd」と異なり、横顔や斜め顔には対応していません。

露出モードでは、プログラムAE、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル露出を利用可能。フル画素では、0.8秒間隔で 3コマまでの連続撮影に対応する他、400万画素で 7コマ/秒・連続15コマまで、200万画素で 15コマ/秒・連続15コマまでの高速連写モードを搭載。記録媒体の容量一杯まで連続撮影が可能なエンドレス連写モードも利用可能。

液晶モニターは 2.5型約23万画素で、晴天下などで反射を防ぎ見やすさを向上させる特殊コーティングを採用。また、表示レート60fpsの電子ビューファインダー(0.24型約23万画素)を搭載しています。

この他、一度に100枚の画像を一覧表示可能な「マイクロサムネイル」、30fpsで電子手ブレ補正機能付きの動画撮影機能などを搭載。

記録媒体は、約 58MBの内蔵メモリーを搭載する他、SDHC/SDメモリーカードとxDピクチャーカードに対応。電源は、単3形電池4本を使用し、アルカリ乾電池で約 350枚、ニッケル水素充電池で約 500枚の撮影が可能。サイズは、幅 111.3×高さ 78.×奥行き 79.3mmで、重量は約 410gです。
[製品情報:デジタルカメラ] [メーカー別情報:Fujifilm:デジタルカメラ]

更新日:2007/09/09(Sun) 14:15
富士フイルム、手ブレ補正機構を搭載するデジタルカメラ「FinePix F50fd」を発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク追加
【富士フイルム】
富士フイルムは、手ブレ補正機構を搭載するデジタルカメラ「FinePix F50fd」を発表しました。

ボディカラーはシルバーとブラックの2色が用意され、シルバーは2007年8月下旬に発売、ブラックは9月下旬に発売。価格は、オープンプライスです。

「FinePix F31fd」の後継機として発売されるモデルで、有効画素数 1,200万画素の 1/1.6型 スーパーCCDハニカムHRと 35mm換算 35〜105mm F2.8〜5.1 の光学3倍ズームレンズを搭載。

同社のデジタルカメラとしては初めて、CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載し、約 2〜3EVの補正効果を実現しています。

顔検出機能「顔キレイナビ」はさらに進化し、左右90度に向いた横顔や斜め顔にも対応し、最大10人まで一度に検出。同社の実測値で、世界最速となる 0.05秒で検出が可能としています。

検出された顔に合わせて、ピント、露出、ホワイトバランスが最適に設定される他、ストロボ撮影時には同社独自の画像処理技術「Image Intelligence」による高精度な赤目補正を実現。

フル画素での最高感度は ISO1600で、画像処理エンジン「リアルフォトエンジンII」により、ノイズの少ない高画質を実現。また、マニュアルモードと A/Sモードでは、600万画素相当で ISO3200、300万画素相当で ISO6400 の超高感度撮影が可能。

最短撮影距離は、広角端で約 45cm、望遠端で約 60cm。マクロモード時には広角端で約 7cm、望遠端で約 30cmまでの近接撮影に対応。

液晶モニターは、2.7型約23万画素。この液晶モニター上に、一度に 100コマの画像を一覧表示できる「マイクロサムネイル」機能を搭載しています。

フル画素での連続撮影は約 0.5秒間隔で連続 3コマまで。300万画素で 5コマ/秒・最大 12コマの高速連写や、メディアの容量一杯まで連続撮影が可能なエンドレス連写も可能。

また、「FinePix F31fd」と同様に、撮影シーンの状況に応じて、最適な発光量と感度に自動調整して白とびを防ぐ「iフラッシュ」や一度シャッターを押すだけでノンフラッシュとiフラッシュ撮影の2枚を連続して撮影する「高感度2枚撮り」などの機能を搭載。高速赤外線通信機能(IrSimple)にも対応しています。

記録媒体は、約 25MBの内蔵メモリーを搭載する他、SDHC/SDメモリーカードとxDピクチャーカードに対応。電源は、リチウムイオン充電池「NP-50」を使用し、約230枚の撮影が可能。サイズは、幅 92.5×高さ 59.2×奥行き 22.9mmで、重量は約 155g。

また、別売のオプションとして、水深 40cmまでの撮影に対応する防水プロテクター「WP-FXF50」(価格 21,000円)が9月下旬に発売される予定です。
[製品情報:デジタルカメラ] [メーカー別情報:Fujifilm:デジタルカメラ]

  1 - 20 ( 323 件中 )  [ / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次ページ→ ]

[↑ページTOPへ]

Photo News PickUp 最新情報



Camera ISLAND Digital Camera Database

この検索フォームは機能限定版です。専用ページでより詳細な検索をすることができます。

メーカー

Canon Casio Fujifilm Kodak Konica Kyocera Minolta Nikon Olympus
Pentax Panasonic Ricoh Sanyo Sony Toshiba その他

有効画素数

万画素 半角数字を記入

光学ズーム

半角数字を記入


Copyright(c) 2002 Camera ISLAND. All rights reserved.