Camera ISLAND - 最新情報を見る - 新着情報 - 近日発売予定 - マイリンク - おすすめ検索 - RSS/ATOM情報 - Digital Camera Database - Link/検索窓

ホーム >
マイリンク
★マイリンク追加で選択された情報を表示しています。
  [More] [New Window]
[サイトマップ] [ヘルプ] [修正・削除]

は近日発売予定です。 この色の文は管理人のコメントです。
※リンク先が無くなっている等の問題がある場合にはタイトル横の [管理者に通知] リンクを押してください

  1 - 1 ( 1 件中 ) 
更新日:2007/09/26(Wed) 01:20
松下電器、手ブレ補正機構搭載レンズ「Leica D Vario-Elmar 14-50mm F3.8-5.6 ASPH」などを発売
修正・削除】 【管理者に通知マイリンク削除
【松下電器産業】
松下電器産業は、フォーサーズ・システム規格準拠の交換レンズ「Leica D Vario-Elmar 14-50mm F3.8-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」と「Leica D Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」を発表しました。

いずれも、シャッタースピード最大3段分の補正効果がある手ブレ補正機構「MEGA O.I.S.」を内蔵。新たに流し撮り用補正モード「MODE3」を搭載。

なお、手ブレ補正機構のモード切替は、DMC-L1とDMC-L10との組み合わせで可能で、その他のフォーサーズ規格カメラでは常時手ブレ補正をする「MODE1」のみ利用できます。

また、同時に発表されたデジタル一眼レフカメラ「DMC-L10」との組み合わせた場合は、ライブビュー時にコントラストAFと顔認識AFに対応。

「Vario-Elmar 14-50mm F3.8-5.6」は、35mm換算 28〜100mmの画角を得ることができる標準ズームレンズで、10月26日に発売。価格は、99,750円です。

レンズ構成は、ガラスモールド非球面レンズ2枚を含む11群15枚で、高コントラストで周辺部まで歪みのないシャープな描写を実現。また、ズーム全域で最短撮影距離 29cmを実現しています。

7枚羽根の円形絞りを採用し、最小絞りはF22。フィルター径は67mm。サイズは最大径74×全長93mmで、重量は約434g。

「Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6」は、35mm換算 28〜300mm相当の高倍率標準ズームレンズで、11月22日に発売。価格は、170,100円。

ライカDレンズとしては初めて超音波モーターを搭載し、「XS(Extra Silent)テクノロジー」により、静粛性に優れた正確なオートフォーカスを実現。

レンズ構成は、非球面レンズ4枚、EDガラス1枚を含む11群15枚。非球面レンズのうち1枚に、直径30mmの高偏肉比メニスカス形状レンズを採用し、ズーム全域で諸収差を良好に補正。

7枚羽根の円形絞りを採用し、最小絞りはF22。フィルター径は72mm。サイズは最大径78.5×全長90.4mmで、重量は約535gです。


カテゴリ
製品情報
アップデート情報
特集記事
レビュー記事
便利なサービス
その他
メーカー別情報

  1 - 1 ( 1 件中 ) 

[↑ページTOPへ]

Photo News PickUp 最新情報



Camera ISLAND Digital Camera Database

この検索フォームは機能限定版です。専用ページでより詳細な検索をすることができます。

メーカー

Canon Casio Fujifilm Kodak Konica Kyocera Minolta Nikon Olympus
Pentax Panasonic Ricoh Sanyo Sony Toshiba その他

有効画素数

万画素 半角数字を記入

光学ズーム

半角数字を記入


Copyright(c) 2002 Camera ISLAND. All rights reserved.